住み替えや相続など理由は多数!よくある不動産売却理由とは? | 広島周辺の不動産をお探しならジャストホーム株式会社にお任せ下さい。

広島の不動産はジャストホーム株式会社
その他・その他コンテンツ・来店予約その他・その他コンテンツ・来店予約

住み替えや相続など理由は多数!よくある不動産売却理由とは?

不動産の売却理由の提示の仕方

不動産売却の理由は、ポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあります。

下記では、よくある不動産売却理由をご紹介致します。

 

住み替え

不動産売却で最も多い理由が「住み替え」です。家族が増えて今の家が手狭になってきた、よりよい住環境に住みたい、通勤先が変わってもっと便利な場所に移り住みたいなどといった目的で不動産を売却されるケースはよくあります。

中には高齢になり手広くなった家から少しコンパクトな家に引っ越ししたい、老人ホームへ転居するために売却したいという理由で売却する方も多いです。

 

資産管理

近年、増えている売却理由が資産整理のための売却です。住む人がいなくなった空き家の売却なども資産整理のための売却にあてはまります。

相続した不動産を現金化して相続税の資金に充てたい、現金化してから相続割合に応じて分配したい、などで売却する方も多いです。

また、空き家のまま放置していても維持管理費や固定資産税がかかります。売却することで余計な費用を支払う必要がなくなるというメリットも得られるでしょう。

 

離婚

離婚の際は、夫婦が結婚生活で築いた財産を分割します。財産分与のための売却をするケースが多いですが、中には夫婦の収入を合算して住宅ローンを組んでいたからローンの負担が大きくなりすぎるなどの理由で売却するケースもあります。

 

ローン返済の滞り

住宅ローンを組んでから、収入や生活の変化で支払いが厳しくなり返済が滞ると、銀行側の抵当権が実行され、競売で強制的に売却をせざるを得なくなります。

住宅ローンの支払いが厳しくなった段階で売却の相談をし、競売にかかる前にできるだけ高い価格での売却を検討する必要があるでしょう。

 

離婚などネガティブな売却理由の伝え方

離婚や返済が厳しくなったなど、ネガティブな理由で売却をしたい場合、どのように理由を伝えるべきか迷うものです。

売却する物件に欠陥がある場合(事件があった場合も含む)は、必ず購入者へ伝えることが義務付けられています。しかし、離婚やローンの返済が難しくなったなど、売主のプライベートな問題ははっきりと伝える必要はありません。

購入希望者に売却理由の質問をされてしまったなど、どうしても説明する必要がある場合は、家族構成の変化や住み替えなどできる限りポジティブに捉えられる伝え方を行えば、購入希望者にも悪い印象を与えずに売却可能です。

もし、どのように伝えたらいいか迷うときは、不動産会社の担当者に相談しましょう。

担当者にはありのままを伝え、あらかじめ打合せをしたうえで売主にとって損にならない方法を提案してもらえれば、購入希望者に質問されたときも戸惑わずに説明できます。

 

ジャストホーム株式会社は、不動産売却に関する様々なご相談に対応いたします。

中古住宅の売却理由がネガティブなものであった場合でも、まずはご相談ください。

中古住宅や相続不動産などをネガティブな理由で売却をする際、購入希望者に正直な理由を伝えると購入をためらってしまうのでは……と考える方も多いでしょう。

確かに、購入希望者の中には理由を気にする方もいます。ネガティブな理由で売却する家はできるだけ買いたくない、と避ける方がいるのも事実です。

しかし、全くの嘘を伝えるのはよいことではありません。

売主のプライベートな事情は伝える義務がないため、ポジティブな理由に言い換えることが大切です。

購入する側も中古住宅の購入なのでどのような理由があるかはあまり気にしないという方も多いです。あまり心配しすぎず、まずは、不動産会社にご相談下さい。

 

不動産売却をサポートする不動産のジャストホーム株式会社は、誠実な対応で不動産売却をサポート致します。

中古住宅を売却したい方は、ジャストホーム株式会社までご相談下さい。