コラム

COLUMN

マンション・戸建買取をお考えの方はいらっしゃいますか?不動産買取は仲介手数料が発生せず、短期間で売却できることから人気の売却方法です。

マンション・戸建買取価格の相場についてご紹介します。マンション・戸建買取を検討している方は、是非参考にして下さい。

 

マンション・戸建買取価格の相場

基本的にマンション・戸建買取価格は、仲介で売却した価格よりも低くなります。

そもそも不動産買取は、買い取った中古物件にリフォームやリノベーションなどの付加価値を付けてから、再販する仕組みです。リフォームやリノベーションには多額の費用がかかるのはもちろん、人件費や宣伝費、不動産取得税や登録免許税といった税金も発生します。また、ここまでしても必ず売れるとは限りません。

こういった費用・労力・時間・リスクなどを考慮して買取を行うため、不動産の買取相場は仲介による売却相場よりも低くなっているのです。

しかし、市場相場で売却できないからといってマンション・戸建買取を諦めることはありません。

仲介と違い手数料が発生せず、不動産の状態に関わらず買取可能です。また、短期間で売却できるというメリットもあるため、中古マンション・戸建を売却しようとお考えの方は、是非、マンション・戸建買取をご検討下さい。

 

相場が低い中古戸建こそ買取向き?

仲介に比べて相場が低くなりやすい戸建買取ですが、相場が低い中古戸建こそ買取向きの場合があります。ここでは、相場が低くなりやすい物件の特徴をご紹介します。

 

リフォームが必要な物件

リフォームをしないと住むことが難しい中古戸建は、売却が難航しやすい傾向にあります。

しかしそんな物件でも、不動産会社では問題なく買い取ることがほとんどです。

売却価格は安くなるものの、リフォームを行ってから仲介で販売するよりも、場合によっては安くなることがあります。リフォームが必要な物件は手がかかる部分が多いため、リフォーム前に戸建買取をご検討下さい。

 

築年数が古い物件

築年数が古い戸建も仲介ではなく買取の方がお得に売却できることがあります。

戸建は、築年数が古くなるにつれて仲介では売れづらくなることがあります。築年数は古くなると老朽化が進んでしまい、危ないというイメージがついてしまいがちです。

しかし、戸建買取では、そのイメージに関係なく売却することができます。仲介では売れ残りを避けるために価格を下げて売却することもあるため、築年数が古い戸建買取をご検討下さい。

 

心理的瑕疵のある物件

心理的瑕疵とは、事故や事件、トラブルなどが発生した物件のことです。

心理的瑕疵のある物件は、個人への売却がなかなか思うように進まないことがほとんどです。

中には気にしないという方もいらっしゃいますが、買い手が見つからず築年数だけ古くなることもあります。不動産買取ではこういった物件も買取可能なため、築年数が浅いうちに買取をご検討下さい。

 

マンション・戸建買取をご検討中の方は、ジャストホーム株式会社にご相談下さい。

「あなたの思いを実現する」をモットーにお客様に適した売却方法をご提案します。

投稿日:2021/11/09投稿者:小金井 悟

売主と買主の間を取り持つ仲介は、不動産売買を行う上でどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、中古物件や収益物件などの不動産売買を仲介会社に依頼するメリットをご紹介します。併せて、媒介契約の種類もご確認下さい。

 

不動産売買を仲介会社に依頼するメリットとは?

 

適正価格を確認できる

土地にはそれぞれ適正価格というものがあります。

適正価格は地価公示法に基づいて定めた公示価格などから割り出せますが、自分で調べるのは手間がかかります。仲介会社は細かい部分までしっかりと調査を行うため、不動産の適正価格を把握することができます。地価は状況に応じて変動するため、損をしないためにも適正価格を知ることが大切です。

 

トラブルを回避する

不動産売買は大きな取引になるので、トラブル回避も重要です。仲介会社は、不動産売買の仲立ちするため、当人同士でのトラブルを回避して、スムーズな売却成立を目指せます。

また、必要なやり取りや書類作成、取引条件の調整なども全て受け持ちます。

仲介会社に依頼することで、不動産売買における不安や悩みの解消につながります。

不動産売買をご検討の際は、ジャストホーム株式会社にお任せ下さい。

中古物件や収益物件、土地などあらゆる不動産売買の仲介に対応可能です。

 

媒介契約の種類やメリットは?

不動産仲介の媒介契約には以下のような種類が挙げられます。

 

一般媒介契約

複数の不動産会社に仲介を依頼することができる媒介契約です。また、自ら見つけた買主と契約を結ぶこともできます。その場合、仲介手数料は発生しません。契約に有効期限がないため、じっくり時間をかけて納得した価格で売却したい方におすすめです。

 

専任媒介契約

不動産会社1社のみに仲介を依頼します。自力で買主を見つけた場合、不動産会社を介さずに契約も可能です。買主のめどは立つが、より好条件で不動産売買を行いたい方に適しています。

 

専属専任媒介契約

専任媒介契約と同じく、不動産会社1社のみに仲介を依頼できる媒介契約です。不動産会社が見つけた売却先との取引となります。契約の有効期限が最大3ケ月と限られている分、短期間で買主を見つけるというメリットがあります。

媒介契約の種類によってそれぞれメリットがあるため、希望する不動産売買に合わせて選ぶことが大切です。

 

ジャストホーム株式会社での不動産売買の依頼をお待ちしています。

 

投稿日:2021/11/06投稿者:小金井 悟

建物や土地を相続した後、そのまま放置してしまってるという方はいませんか?相続した不動産をいつまでも放置してしまうと、様々な問題が発生するおそれがあります。

相続した土地を放置するリスクや土地買取のポイントをご紹介します。

相続した土地を放置するリスク

被相続人が亡くなったため、土地を相続したという方はいらっしゃいますか?

兄弟がいる場合、すぐに売らずそのまま置いておくという方もいらっしゃるでしょう。しかし、土地はそのまま放置しておくことでリスクが生じることがあります。

相続した土地を放置するリスクについてご紹介します。

土地の相続関係が複雑になる場合がある

相続した土地をそのまま放置していると、相続関係が複雑になる場合があります。

土地を相続しても名義変更の手続きが必ず必要という訳でないことから、相続したまま運用されずに、名義変更の手続きが行われていないことも少なくありません。

名義変更の手続きを行わないまま放置してしまうと、相続人が増えてしまい、結果的に誰が相続すべきか分からなくなってしまうことがあります。名義変更の手続きは、後回しにしてしまいがちですが、その後の相続を考えて、早めに行うことがポイントです。

固定資産税の負担が大きくなる

土地の所有者は、固定資産税・都市計画税を支払わなくてはいけません。これらの税金は、使用しているか、していないかに関係なく、支払う義務があります。

相続後、そのままにしておくと土地の面積に合わせて税金を払い続ける必要がありますので、土地の使用がない場合には早めに手放すことも考えておきましょう。

土地買取のポイント

土地は、相続や税金のことを考えると早めに手放すことも視野に入れる必要があります。

そんなときにおすすめなのが、不動産買取です。

土地買取を依頼する前に、まずはどんなポイントを押さえるべきかチェックしていきましょう。

土地の相場を把握する

不動産買取を行う場合、まずは土地の相場を把握することが大切です。

不動産買取は相場より安い価格での売却となりますが、土地の相場を把握しておかないと損をする可能性があることを覚えておきましょう。

不動産買取の相場価格は、一般に市場価格の6割~8割程度です。市場価格を判断する際には、土地の路線価が分かれば割り出すことができます。路線価がでていない地域では、国土交通省ホームページで発表されている基準地価が判断基準になります。また、インターネットの査定サイトを参考にして目安の価格をチェックしておくこともおすすめです。

他に比べて正確さはあまりないものの、大まかな目安をつけることができます。

売却時期を選ぶのもポイント

入学や就職、転勤が多いシーズンは、最も不動産が動く時期でもあります。そのため、1月~3月に売却するというのもおすすめです。

古家は解体しなくていい

土地買取では、古家を解体する必要はありません。なぜなら、リフォームやリノベーションをして再販するか、建物を解体して再販するかは、不動産会社が決めるためです。

もし、解体を行う場合、解体費を予め費用として計上して買取価格を提示するため、建物は現状、そのままで売却することが可能です。

不動産買取をお考えなら、ジャストホーム株式会社へご相談下さい。

投稿日:2021/11/06投稿者:小金井 悟

相続や住替えなどの理由から、不動産買取を行う方もすくなくありません。

不動産買取をはじめ、不動産の売却時には負担しなければならない税金もあります。ここでは、不動産売却時にかかる税金について解説致します。

不動産買取を検討している方の参考になれば幸いです。

 

相続不動産などを売却!不動産売却で必要な税金とは?

不動産買取を含めた不動産売却時には、様々な税金がかかります。相続した不動産などを売却する場合、どのような税金がかかるかチェックしておくと安心です。

 

【不動産売却時に必ずかかる税金】

印紙税

売買契約書に貼り付ける印紙代です。定められた金額の印紙を貼り消印を押すと、納税したとみなされます。印紙税の金額は売買金額によって定められています。

売買金額が1,000万円~5,000万円であれば、1万円の印紙税が必要です。

消費税

消費税の課税対象は、「国内で事業者が事業として対価を得て行う取引」です。

中には資産の譲渡も含まれます。不動産売却時は、不動産会社への仲介手数料や司法書士に支払う手数料、融資手続きの手数料などに消費税が発生します。

登録免許税

登録免許税は、登記簿謄本に自分の権利を設定する、もしくは抹消するときに課税される税金です。一般的には買主が全額負担することが多いですが、特約によって売主が負担することも認められています。

 

【不動産売却時に利益が出たらかかる税金】

所得税・住民税・復興特別所得税

不動産を売却した際に発生する利益を譲渡所得といいます。譲渡所得に対して、所得税・住民税・復興特別所得税が発生します。また、譲渡所得が3,000万円以下の場合、「3,000万円特別控除」が利用できます。住み替えの場合は、買い換え特例も利用できます。

譲渡所得が出て税金がかかる場合、所有していた期間によって税率が変わります。

所有期間が5年以下であれば「短期譲渡所得」で税率は39.63%、所有期間が5年以上であれば「長期譲渡所得」で税率は20.315%です。所有期間が長くなるほど売却金額は下がります。所有期間5年前後に売却をするなら、税率の違いを含めて売却時期を決めることをおすすめします。

 

不動産買取は頻繁に行うものではない為、税金などについて、疑問…・不安点が出てくることも多いです。不動産会社に見積りなどを依頼して、不動産買取を成功させましょう。

不動産買取は不動産会社が買主となる売却方法です。相続した不動産をすぐに売却したい、住替えの時期までに必ず売却したいなどの場合、不動産買取を検討してみて下さい。

おおよその売却価格は、査定時の見積価格が参考になります。

 

ジャストホームでは不動産買取をお手伝いしております。不動産情報提供や見積りなども可能です。相続や住み替えなどによる不動産買取をお考えの際は、お気軽にご相談下さい。

投稿日:2021/11/04投稿者:小金井 悟

土地やマンションを不動産買取で売却したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、不動産買取を行う不動産会社の選び方、高く買取ってもらうためのコツをご紹介致します。

 

土地・マンション買取を行う、不動産会社の選び方

不動産買取・査定依頼を承るジャストホーム株式会社では、マンション・戸建・土地などを対象にお客様の利益を第一に考えた不動産サービスをご提供しています。

よりよい住まいへの住み替え、相続に備えた資産整理などのサポートさせて頂きます。

不動産買取を依頼する場合、不動産会社選びが重要になってきます。

 

値交渉に対応する

不動会社選びで重要なポイントは、値段交渉に対応しているかどうかです。

売主の希望・相談に柔軟に対応する不動産会社なら、満足度の高い不動産取引ができます。

土地・マンションの価値をしっかりアピールしながら、査定額アップにつながる情報を伝えて下さい。

 

買取実績・件数は豊富か

不動産会社にも様々な種類があります。買取実績や件数をもとに、土地・マンションなどの不動産買取が得意かどうかチェックしましょう。

実績や件数が多いと買取に関するノウハウも蓄積されているといえます。

 

大手だけでなく地元の不動産会社にも依頼を!

不動産買取を依頼する際、知名度などから大手の不動産会社を選ぶ方も多いです。

しかし、大手だけに依頼するのはおすすめできません。地元の不動産会社は、地域特性を熟知しており、不動産価値を見極めたうえで買い取ることができます。

また、親身になって相談に乗ることも強みです。大手に限らず、地元の不動産会社を含めてチェックするようにしましょう。

 

土地・マンションを高く買取ってもらうコツ

不動産買取・査定依頼をお考えなら、ジャストホーム株式会社へご相談下さい。

土地やマンションなど、不動産買取の依頼を承っております。土地やマンションなどの不動産買取を依頼するなら、できるだけ高く買取ってもらいたいものです。高く買取ってもらうためのコツをご紹介致します。

 

複数の不動産会社に査定を依頼する

高額買取を目指すなら、必ず複数の不動産会社に査定を依頼します。

査定額は不動産会社によって異なります。中には数十万~数百万の開きが出るケースもあるのです。1社のみ依頼してそのまま売却すると、もっと高く売れる可能性を失う可能性があります。

 

見た目の印象をよくしておく

査定額をアップさせるためには見た目も大切です。物がたくさん溢れていて散らかっている部屋よりも、整理整頓されてすっきりとしている部屋の方が査定でも好印象となります。

ただし、不動産買取は後で不動産会社がリフォーム・リノベーションを行うため、リフォームやクリーニングなどは必要ありません。整理整頓を行い、できる限り物を減らすことがポイントです。

不動産買取を得意とする不動産会社選び、値段交渉、査定前の整理整頓など、高く売るためにできることはたくさんあります。売却後に公開しないよう、できる範囲で対策してみてはいかがでしょうか。

 

不動産買取をお考えの際は、ジャストホームに査定をご依頼下さい。

お客様の立場になり、土地やマンションをはじめとした大切な不動産と向き合うことを心がけております。


投稿日:2021/10/28投稿者:小金井 悟