コラム

COLUMN

土地やマンションを不動産買取で売却したいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、不動産買取を行う不動産会社の選び方、高く買取ってもらうためのコツをご紹介致します。

 

土地・マンション買取を行う、不動産会社の選び方

不動産買取・査定依頼を承るジャストホーム株式会社では、マンション・戸建・土地などを対象にお客様の利益を第一に考えた不動産サービスをご提供しています。

よりよい住まいへの住み替え、相続に備えた資産整理などのサポートさせて頂きます。

不動産買取を依頼する場合、不動産会社選びが重要になってきます。

 

値交渉に対応する

不動会社選びで重要なポイントは、値段交渉に対応しているかどうかです。

売主の希望・相談に柔軟に対応する不動産会社なら、満足度の高い不動産取引ができます。

土地・マンションの価値をしっかりアピールしながら、査定額アップにつながる情報を伝えて下さい。

 

買取実績・件数は豊富か

不動産会社にも様々な種類があります。買取実績や件数をもとに、土地・マンションなどの不動産買取が得意かどうかチェックしましょう。

実績や件数が多いと買取に関するノウハウも蓄積されているといえます。

 

大手だけでなく地元の不動産会社にも依頼を!

不動産買取を依頼する際、知名度などから大手の不動産会社を選ぶ方も多いです。

しかし、大手だけに依頼するのはおすすめできません。地元の不動産会社は、地域特性を熟知しており、不動産価値を見極めたうえで買い取ることができます。

また、親身になって相談に乗ることも強みです。大手に限らず、地元の不動産会社を含めてチェックするようにしましょう。

 

土地・マンションを高く買取ってもらうコツ

不動産買取・査定依頼をお考えなら、ジャストホーム株式会社へご相談下さい。

土地やマンションなど、不動産買取の依頼を承っております。土地やマンションなどの不動産買取を依頼するなら、できるだけ高く買取ってもらいたいものです。高く買取ってもらうためのコツをご紹介致します。

 

複数の不動産会社に査定を依頼する

高額買取を目指すなら、必ず複数の不動産会社に査定を依頼します。

査定額は不動産会社によって異なります。中には数十万~数百万の開きが出るケースもあるのです。1社のみ依頼してそのまま売却すると、もっと高く売れる可能性を失う可能性があります。

 

見た目の印象をよくしておく

査定額をアップさせるためには見た目も大切です。物がたくさん溢れていて散らかっている部屋よりも、整理整頓されてすっきりとしている部屋の方が査定でも好印象となります。

ただし、不動産買取は後で不動産会社がリフォーム・リノベーションを行うため、リフォームやクリーニングなどは必要ありません。整理整頓を行い、できる限り物を減らすことがポイントです。

不動産買取を得意とする不動産会社選び、値段交渉、査定前の整理整頓など、高く売るためにできることはたくさんあります。売却後に公開しないよう、できる範囲で対策してみてはいかがでしょうか。

 

不動産買取をお考えの際は、ジャストホームに査定をご依頼下さい。

お客様の立場になり、土地やマンションをはじめとした大切な不動産と向き合うことを心がけております。


投稿日:2021/10/28投稿者:小金井 悟

不動産売却を行うなら、まず、相場を知ることが大切です。売却相場がどのように推移しているのかをチェックすると売り時も判断しやすくなります。また、不動産売却に必要な費用もあらかじめ押さえておきましょう。

ここでは、中古住宅などを売却する際の相場や売却時にかかる費用についてご紹介致します。

 

1.相続した中古住宅などを売却!不動産売却相場とは?

総読した中古住宅などの不動産売却をするにあたり、売却相場は確認しておきたいポイントです。

 

地価推移

広島市の地価は上昇傾向にあると考えられます。ただし、地価はいつ・どのように変動するかは分かりません。当然、下降する可能性もあるため、売り時をしっかりと見極める必要があります。

 

2.不動産売却にかかる費用とは?

中古住宅などを売却する際にかかる費用は以下のとおりです。

 

①仲介手数料

不動産会社を介して不動産売却を行う場合、報酬として仲介手数料を支払います。基本的に売却が成立した場合にのみ発生する「成功報酬」です。

 

②抵当権抹消費用

住宅ローンの一括返済後、金融機関からの抵当権抹消書類を司法書士に渡し、抵当権抹消登記の手続きを行います。費用は司法書士に支払う約2万円、不動産1件につき1,000円の登録免許税があります。

 

③住宅ローンの返済手数料

住宅ローンを一括返済する場合、事務手数料も発生します。繰り上げ返済の手数料は、金融機関によって異なりますが、おおよそ5,000円~3万円程度です。

 

④引っ越し費用

引っ越し費用が必要になるケースも多いです。規模にもよりますが、ファミリーなら安くて10万円ほど、荷物が多かったり距離が遠かったりすると、20万円~30万円以上かかることもあります。

 

⑤登記に関する書類の取得費用

決済時、不動産の登記名義を売主から買主に変更します。必要となる書類は、印鑑証明書と固定資産税評価証明書です。印鑑証明書は1通300円、固定資産税評価証明書は1通400円で取得できます。

 

上記は主な費用です。不動産売却に要する費用は、土地・戸建・マンションといった物件種別や取引形態などによって異なります。事前に必要な費用をきちんと確認することで、計画的に資金を準備できます。

 

ジャストホーム株式会社はお客様の売却事情に応じて必要な費用をご提案させて頂きますので、ご安心下さい。

相続した中古住宅を売却したい、住み替えを検討しているなど、様々な事情から不動産売却を行う際は、ジャストホーム株式会社にお任せ下さい。お客様の利益を第一に考え、相続不動産や中古住宅といった不動産売却をお手伝いさせて頂きます。

 

不動産売却に関するご質問・ご相談にも丁寧にお答え致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

投稿日:2021/10/26投稿者:小金井 悟

売却をしたいと思ったら、まず不動産会社に査定を依頼するという手順が基本です。しかし、自分自身でもやっておきたいことがあります。それは不動産相場を調べることです。

ここでは、マンション・戸建を売却する前に必要なこと、不動産相場を調べる方法をご紹介致します。

 

マンション・戸建の売却前に必要なこと

広島市で不動産売却をお考えなら、ジャストホーム株式会社にお任せ下さい。

マンション・戸建、土地など不動産売却を承っており、相続や住み替えなど様々なケースに応じた不動産売却にも対応しております。

マンション・戸建などの不動産売却前に必要なことは、以下のとおりです。

 

1.不動産の売却相場をチェックする

マンション・戸建などの不動産売却を依頼する前に、自分自身で売却相場をチェックしておきましょう。相場価格を知らないまま売却した結果、「もっと高く売れていたかも…」と後悔する可能性もあります。適正価格で売却をするためにも、相場のチェックは必須です。

 

2.ローンの残債額を確認する

住宅ローンが残っているマンション・戸建を不動産売却する場合、ローンを清算して抵当権を外す必要があります。

ローンの借入額や残債は、金融機関から毎年10月頃に送付される年末残高証明書がみつからないときは、銀行で借入金の残高証明書を請求できます。

査定価格よりもローンの残債が多い場合、返済にあてる自己資金を準備したり、買い替えローンの利用を検討したりする必要があります。不動産売却時に慌てることがないよう、あらかじめ残債を調べておきましょう。

 

3.売却スケジュールを立てる

売却までのおおまかなスケジュールを立てることも必要なポイントです。基本的に不動産売却は引渡し完了までに数ケ月を要します。転勤などで引越時期に制約がある、住み替えを計画しているなど、売却理由にによって売り出すタイミングは異なるため、事前にスケジュールを立てておくと精神的にゆとりを持って手続きを進めやすくなるのです。

不動産売却を成功させるうえで必要な事ですが、どのようにして相場や残債などを確認すればよいのか…と悩む方も少なくありません。

ジャストホーム株式会社では、売却前の準備に関する不明点などもわかりやすくご説明致しますので、お気軽にご相談下さい。

 

マンション・戸建相場の調べ方とは?

広島市の不動産売却・査定を承るジャストホーム株式会社は、地域密着型の不動産会社です。お客様の利益を第一に考えた不動産サービスをご提供。よりよい住まいへの住み替え、相続に備えた資産整理など、お客様のご要望に応じて適切な不動産売却をご提案致します。

ここでは、売却相場を調べる方法を紹介します。

 

1.土地総合情報システム

国土交通省では不動産を購入した方にアンケート用紙を送付し「いつ」「いくらで」「どのような物件を」購入したのかというデータを集めています。このデータをもとに情報を掲載しているのが、土地総合情報システムです。土地情報総合システムなら、指定したエリアの取引価格を調べることができます。

 

2.レインズをチェックする

レインズとは、国土交通大臣が指定した不動産流通機構が運営するサイトです。

仲介を行った不動産会社が販売価格や成約価格などを入力します。

投稿日:2021/10/22投稿者:小金井 悟

マンションや戸建などの不動産売買を行うときは、物件の販売価格を決める必要があります。その際に用いる方法が査定です。一口に査定と言っても「簡易査定」と「訪問査定」があり、価格の算出方法も3種類あります。

不動産の正しい価値も見極めるためにも、査定に関する基礎知識を持っておくことも大切です。

ここでは、査定方法や査定価格の算出方法について解説いたします。マンションや戸建などの不動産売買をお考えの方は、ぜひ参考にして下さい。

 

1.マンション・戸建などを売買!不動産売買の査定方法とは?

マンション・戸建などの不動産売買では、2種類の査定方法が用いられます。「簡易査定」と「訪問査定」が用いられます。

 

簡易査定

机上査定とも呼ばれる査定方法です。路線価や立地条件をはじめ、マンションの場合は階数や位置など、不動産情報をもとに査定を行います。現地に行かずに査定するため、精度は低いです。しかし、すぐに査定結果が出るため、不動産売買するか迷っている段階など、おおよその価格を知りたい時におすすめです。

 

訪問査定

マンション・戸建がある地域に訪問して行う査定方法です。建物だけでなく、土地や周辺環境なども査定の対象となります。建物の内部を確認するため、立ち合いが必要です。

細かいところまでチェックして査定を行うため、査定結果がでるまで時間がかかりますが、精度の高い査定結果を出すことができます。実際に売り出す時は訪問査定での査定価格をもとに販売価格を決定します。不動産会社との契約前に訪問査定が必要です。

 

2.不動産販売での査定価格の算出方法とは?

不動産売買で査定価格はどのように算出されるのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。査定価格の算出方法は以下のとおりです。

 

取引事例比較法

不動産売買を希望するマンション・戸建と条件が近い物件の取引事例を比較し、価格を算出する方法です。平均の坪単価を算出し、売却物件の坪数を掛け合わせた金額に築年数や広さ、最寄り駅からの距離などを考慮して査定価格を決めます。

取引事例比較法は、主に土地やマンションの査定に使われます。

 

原価法

売却物件を取り壊したと仮定し、同じ建物を建てた場合にかかる費用を計算します。算出価格と現状の建物の傷みを加味して査定する方法です。原価法は、主に戸建の建物部分の査定に使われます。

 

収益還元法

売却する不動産が将来どのくらいの収益を生み出せるのか、収益力から査定価格を算出する方法です。投資用マンションやアパート査定に使われます。

収益還元法には、直接還元法とDCF法の2つがあります。

直接還元法とは、1年間の純利益を還元利回りで割る計算方法で、簡便的で最もポピュラーな不動産価格の算出方法です。

一方でDCF法は、不動産を所有している期間の純利益と所有を終えて不動産を売却した際に得られる予想売却価格とを現在の価値に当てはめて計算し、その2つを合計することで不動産価格を算出するものです。直接還元法に比べると複雑な算出方法であり、収益用不動産の評価を行う場合に用いられることが多いです。

投稿日:2021/10/21投稿者:小金井 悟

土地や戸建・マンションなどの不動産売買を考えた時に、どこに相談すればよいか迷ってしまうかもしれません。内容に応じて相談先は変わってくるためあらかじめ押さえておくと不動産売買をスムーズに進められます。

ここでは不動産売買に関する相談先や相談内容について解説します。

 

1.不動産売買を依頼!土地、戸建。マンションの売買に関する相談先とは?

不動産売買に関する悩みの相談先として、以下が挙げられます。

 

不動産査定は「不動産会社」

土地や戸建・マンションなどの不動産を売却する場合、価値はあるのか、どの程度の価格で売り出せるのか、査定をする必要があります。

インターネットの査定サイトを利用することも可能ですが、最終的な査定は不動産会社に依頼しましょう。

 

不動産売買の費用は「不動産会社」

不動産売買には、仲介手数料や印紙税などの費用が必要です。売却価格によって必要な費用も変わってきます。不動産売買の費用に関する相談も不動産会社が承ります。

 

相続・財産分与の相談は「弁護士」

相続や離婚による財産分与などで揉める場合、法律の専門家である弁護士に相談してください。法律上のトラブルを穏便に解決するうえで大切なポイントです。

 

登記変更などの手続きは「司法書士」や「法務局」

不動産売買では所有権移転登記や抵当権抹消登記など、登記に関する手続きが発生します。登記に関しては司法書士への相談がおすすめです。ご自分で手続きをする場合は法務局に相談しましょう。

 

確定申告や税金の問題は「税理士」や「税務署」

不動産売買後は確定申告が必要です。税務署に出向いて自分で手続きするだけでなく、税理士に依頼する方もいらっしゃいます。

不動産売買で困ったことが起きた場合の相談先は様々です。初歩的な内容であれば不動産会社に相談して解決できることもあります。そのため、不動産売買をご検討の際は、まずは、不動産会社に相談してみることをおすすめします。

 

2.仲介での不動産売買も可能!不動産会社に相談できることは?

不動産売買に関する内容で、不動産会社にはどのようなことを相談できるのでしょうか。

 

不動産の売却価格

土地や戸建・マンションなどの売却価格をしりたい場合、不動産会社に相談しましょう。不動産売買を相談している段階で参考程度に不動産売却をしりたいというケースも少なくありません。そのようなときも不動産会社に相談するのがおすすめです。

 

不動産の売却方法

不動産の売却方法には、不動産会社が買い手を探す「仲介」、不動産会社が直接買い取る「買取」の2種類があります。不動産や売主の状況によって適した方法は変わってくるので、売却方法についても不動産会社に相談してください。

投稿日:2021/10/19投稿者:小金井 悟