不動産売買・中古住宅のご相談なら!査定方法の種類をご紹介

不動産会社が実施する査定には、机上査定と訪問査定という2つの方法があります。

不動産売却時に、より正確な査定額を知りたいという場合は訪問査定を依頼するとよいでしょう。査定や手続きをスムーズに進めていくためには、事前の準備が必要不可欠です。この記事では、不動産査定時のポイントや必要な準備についてご説明致します。

 

中古住宅の査定方法の種類

不動産査定には、主に机上査定と訪問査定という2つの方法があります。

2種類の査定方法の特徴や違いを見ていきましょう。

 

机上査定(簡易査定)とは

簡易査定とも呼ばれる机上査定は、その名の通り机の上で集められる情報のみを使って査定をする方法です。机上査定では不動産の立地や築年数、土地と建物の面積、方角といった情報を不動産会社に伝えます。不動産会社ではこれらの情報をもとに、近隣にある似た物件の売出状況や取引事例、公示価格などを加味して査定額を概算します。手軽に依頼できる机上査定は、物件のおおよその価値を知りたいときに最適な査定方法です。

 

訪問査定(詳細査定)とは

詳細査定とも呼ばれる訪問査定では、不動産会社のスタッフが実際に現地を訪れて詳しく査定をしていきます。不動産固有の状況を確認すれば、より詳細な査定ができます。

査定スタッフは、建物の劣化具合や設備の設置内容のほか、道路との接面状況や日当たり、周辺環境などの情報を様々な観点からチェックします。

訪問査定では多くの情報を読み解く必要があるため、査定額の算出までには数日かかることがほとんどです。正確な査定額を把握できる訪問査定は、不動産売却の手続きを具体的に進めていきたい方におすすめの査定方法といえます。

 

不動産の査定の際に準備しておくこと

査定をスムーズに進めるためにも、事前に以下のような準備をしておきましょう。

 

住宅ローン残高を確認しておく

住宅ローンが残っている場合には、現在の残高を確認しておきましょう。住宅ローン残高は、不動産の売却価格を決めるときに必要となる重要な情報です。不動産売却時には住宅ローンの残りを一括返済する必要があるため、必ず具体的な額を把握しておきましょう。金融機関に問い合わせれば、住宅ローン残高の証明書を発行してもらえます。

 

書類を準備しておく

不動産査定前に住宅に関する書類をできるだけ用意しておきましょう。戸建であれば土地の実測図や境界確認書、建築確認申請書や検査済証といった書類が必要です。マンションの売却なら、マンションの管理規約や使用細則などの書類を揃えましょう。書類がない場合や発行方法がわからない場合には、不動産業者にその旨を相談すれば問題ありません。

 

住宅の状態を整えておく

住宅の敷地内が散らかって汚れた状態では、正確に査定をするのが難しくなります。清掃や整理整頓をしておけば、不動産会社がスムーズに査定を進めることができます。また、大切に使ってきた住宅であることをアピールでき、信頼感もアップしやすくなります。住宅のリフォームや修繕をしたときには、いつどんなリフォームをしたのかをまとめておくのがおすすめです。

 

売却スケジュールをイメージしておく

住宅をいつまでに売却したいのかを考え、家族内で話し合っておくことも大切です。希望する売却時期を不動産会社に伝えれば、逆算しながら細かいスケジュールを立てられます。

ジャストホームでは、土地・戸建・マンションなど、様々な不動産を取り扱っております。

中古住宅の売買や査定など、不動産売買に関するご相談なら、お気軽にご連絡ください。

 

広島市で中古住宅など不動産売買のご相談なら!査定依頼もお気軽に

マンションや戸建などの中古住宅を売却するときには、机上査定や訪問査定といった方法で住宅の価値を把握することが大切です。正確に査定してもらえば、売却活動がスムーズに進みやすくなります。必要書類を準備しスケジュールを考えておくなど、査定前には万全の準備をしておきましょう。

ジャストホームは広島市で不動産売買のご相談に応じております。広島市で中古住宅の売却をお考えの方は、ぜひ、ジャストホームに査定をご依頼ください。お客様一人ひとりの意見を尊重し、ご希望に沿った提案をさせて頂きます。不動産売買に関するお悩みは、お気軽にご相談ください。

 

投稿日:2023/02/11   投稿者:小金井 悟