不動産売却で失敗してい5つのポイント

不動産売却で失敗しない5つのポイントを紹介します。

 

1.不動産会社の担当者の話をしっかり聞く

どのような不動産会社で、どのような売却活動を進めるのかを確認しましょう。担当者の人柄も重要ですね。

 

2.内覧時の対策をする

購入検討者により良い印象を与えるためには、お部屋をできるだけ綺麗にしましょう。「自分が購入検討者だったら」という視点でお部屋を見直してみましょう。

 

3.資金計画を立てる

売却価格と売却時にかかる諸費用をしっかりと理解し、お手取り金額がいくらになるのか把握しましょう。不動産売却を検討した段階で、資金計画を立てるとスムーズな不動産売却につながります。

 

4.売却スケジュールを立てる

売り出しから成約、引渡しまでのスケジュールを確認しましょう。

どうしても売りたい金額と相場に合った金額が異なる場合もあり、売りたい金額の方が高い場合は、成約までに時間がかかる可能性があります。

どのくらい期間が必要なのか、実際にどれくらいの時間をかけることができるのかをしっかり検討しましょう。そして、引越準備が必要な場合や、書類が必要な場合は余裕を持って行動できるようにしましょう。

 

5.不安なことがあればすぐに不動産会社に相談する

価格設定や売却活動、お部屋の不備等で不安なことがあればすぐに不動産会社に相談しましょう。納得した売却ができるように担当者としっかりコミュニケーションを取りましょう。

以上の5つのポイントに注意しながら、不動産売却をすすめましょう。

 

※不動産売却でよくある質問

Q1 失敗しない不動産会社選びのコツは何ですか?

 A1 不動産会社の担当者の話をしっかり聞き、見極めることが必要です。

以下の点に注意しましょう。

・価格提示の際に、明確な根拠を示しながら分かりやすく説明してくれるか。

・売主の質問に明確に答えてくれるか。

・メリットばかりでなく、デメリットも話してくれるか。

・売主の事情や気持ちに寄り添った話し方をしてくれるか。

等、を確認しましょう。また、上記以外にも不動産会社や担当者に求めることを考えておくといいでしょう。

 

Q 2 お部屋の片付けはどの程度行っておくと良いでしょうか?

住みながらの売却なのでどうしても生活感が出てしまって…。

 A2  無理のない範囲で行って頂ければ大丈夫です。ほこりや汚れが目立たないかを確認し、気になるところがあれば掃除をしましょう。特にキッチンや水廻り、床等、汚れが付きやすい箇所は見直すことをおすすめします。

また、置いてあるものを整理整頓するだけでも印象がより良くなりますので、無理のない範囲でできることを行いましょう。

 

Q3  どのような売却活動をしているのか、いまいち分からなくて…。

A3   不安なことや分からないことがあればすぐに担当者に相談しましょう。担当者としても売主様にとって良い売却になることが一番です。

気兼ねせず相談して下さい。

 

まとめ

不動産売却での失敗を事前に知る事で不動産売却を成功につなげることができます。

スムーズで納得できる不動産売却ができるように、事前準備や不動会社との連絡をしっかり取るようにしましょう。

 

投稿日:2022/07/19   投稿者:-