不動産売却時に必要な書類

不動産売却をお考えの方はいらっしゃいますか?

こちらでは、不動産売却時の必要書類をご紹介致します。広島で不動産買取・売却をお考えの方は、ぜひ、参考としてお役立て下さい。

 

売却依頼する際に必要となる書類

不動産会社に不動産買取や仲介による売却を依頼しようか、ご検討されている方は少なくないでしょう。

不動産買取・仲介による売却をスムーズに行うためには、事前に以下の必要書類を準備しておくことが大切です。

・身分証明書

・認印

・登記済権利書/登記識別情報

・固定資産税納税通知書

・管理費/修繕積立金などの書類(マンションの場合)

住宅ローンが残っている物件を売却する場合は、ローン残高証明書もある方が望ましいです。ジャストホームではローンが残っている不動産の売却についてもご対応致します。

まずは、お気軽にお問合せ下さい。

 

不動産を引き渡す際に必要な書類

不動産会社を通じて、不動産の買い手が見つかった場合、買主と売主で売買契約締結・決済を行います。その際に必要となる書類は、以下の通りです。

・身分証明書・印鑑証明書(発行してから3ケ月以内)

・実印

・登記済権利書/登記識別情報

・銀行口座の通帳

上記のほかに、登記した住所と現住所が違う場合、住民票も必要です。

 

不動産の種類によって必要な書類は異なる!?

上記の書類は、マンション・戸建て・土地に関わらず必要な書類です。

しかし、マンションの場合は上記に加え、次の書類などを準備しておくと良いでしょう。

・管理規約

・使用細則使用規約

・管理組合の総会議事録

・管理費/修繕積立金/駐車場/水道料に関する書類

土地や戸建ての場合は、次の書類などを準備しておくと良いでしょう。

・土地測量図/境界確認書

・建築確認済証/検査済証

・建築設計図書/工事記録書

これらの書類は、必須ではありませんが、準備しておくとスムーズに手続きを行うことができます。

必要書類の取得方法についても、お気軽にジャストホームにご相談下さい。

 

広島で不動産売却をお考えならジャストホームにご相談を

不動産売却では、身分証明書や登記済権利書など、様々な書類が必要になります。戸建て、マンション、土地では必要な書類が異なるため、ご注意下さい。どんな書類が必要か事前に把握しておくことで、不動産売却をスムーズに進めることができます。

広島で不動産の売却をご希望でしたら、ジャストホームにご相談下さい。

地域密着型の不動産会社として、早く高値で売れるよう手厚くサポート致します。

ご相談・査定は無料で受け付けています。

 

投稿日:2022/07/16   投稿者:-