中古物件の基準と新築住宅との違いは

住宅は、主に新築と中古という2つのカテゴリーに分けられます。この2つは、居住者と時間を基準に分類されています。

どんな建物も建築後1年が経過した時に「中古住宅」にカテゴライズされます。

逆に1年以内にあれば「新築住宅」となります。

しかし、たとえ建築後1年が経過していなくても人が入居した場合(たとえそれが1日だとしても)、その住宅は「中古住宅」です。

こちらでは、このような中古物件の基準と新築住宅について紹介します。

 

中古物件の基準と新築住宅との違いは

中古住宅は以下に該当する物件を指します。

・建築してから1年経過

・1日でも人が住んだことがある

新築住宅はというと

建築してから1年以内

・まだ誰も住んだことがない

つまり、たった1日でも人が居住して入れば外観、内装がどんなに新しくても「中古物件」です。

逆にまだ誰も住んだことがない状態なら、建ててから半年経過していてもそれは新築住宅ということになります。

この中古住宅か新築住宅かを明確にしているのは、品確法という法律です。

品確法で「新築住宅とは、新たに建設された住宅で、まだ人の居住の用に供したことのないもの(工事の完了の日から起算して1年を経過したものを除く)」と定められています。

中古住宅というと人が何年も住んでいて、多少なりとも汚れやキズがあるというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、そうではないのです。反対に状態がよく建てて数か月しか経っていないから新築というわけでもありません。

中古物件買取・仲介などを依頼する際は、その点をよく理解しておきましょう。

また、中古と新築には以下のようなメリット・デメリットがあります。

 

中古住宅のメリット・デメリット

購入価格の安さ、現地確認が可能、すぐに入居できる(可能性が高い)、エリアの選択肢が広い、リノベーションで新築住宅よりもオリジナリティあふれる住まいが作れるといった点があげられます。

デメリットとして住宅のローンの審査が厳しいことや設備の古さから敬遠されがちな点、欠陥や老朽化、リフォーム費用などがあります。

 

新築住宅のメリット・デメリット

設備が新しい、維持費がかかりにくい、すべて新品なので心理的な安心、住宅ローンが借りやすい、税制優遇を受けやすいなどがあります。

逆にデメリットとしては、購入価格が中古よりも高い、エリアの選択肢が狭い、現地確認ができない、すぐに入居できないなどです。

このような新築と中古のメリット・デメリットは、物件を購入する際はもちろん、売却する際にも重要になってきます。両者のメリット・デメリットを比較したうえで中古物件を選ぶ方も多いため、「中古だから」と諦めず、その物件そのもののよさをアピールして売却しましょう。

中古物件買取・仲介のご依頼なら、ジャストホームへお任せ下さい。

お客様が希望する売却ができるよう、サポートさせて頂きます。

 

中古物件買取ならジャストホームへ!

いままで住んでいた住居を売りに出す際には、こちらで紹介した中古物件の基準を理解しておきましょう。築1年以内でも住んだことがある家であれば、中古物件扱いとなるため、注意が必要です。

相続した物件やこれまで住んでいた物件など、売却をお考えでしたら、是非お問合せ下さい。 

投稿日:2022/06/27   投稿者:小金井 悟